スポンサーリンク

胸オペ体験談⑦~当日後編~

胸オペ⑦ 胸オペ

「胸オペ体験談」シリーズの7回目です。

前回に続き、胸オペ当日について書いていきます。
この記事では、手術終了直後から当日の夜までをまとめます。

※前回の記事はこちら↓

手術後

隣の部屋に移動

麻酔から目覚めたら、点滴スタンドをコロコロしながら、手術前にいた隣の部屋に移動します。

麻酔が抜け切っていないので、数メートルの距離をふわふわした感覚のまま歩きます。
吐き気止めを投与してもらっていたからか、吐き気は全くありませんでした。

とりあえずトイレに行きたかったので、まず部屋にあるトイレに行きました。
予想通り、オムツには経血がたくさん。さすがオムツ、血が外に漏れてなかったのは安心です。
すぐに履き替えることは出来ないですが、このまま履き続けるのは気持ち悪いので、トイレットペーパーでできるだけ拭き取っておきました。

その後、部屋にある椅子に座って休みます。背もたれの角度などを調節できる、ふかふかの椅子でした。
タオルケットを1枚かけてもらって、右手の人差し指には謎のクリップ(たぶんパルスオキシメーター)、左手の近くにはナースコールがある状態で、ひとりでぼーっと過ごします。

部屋で休む

9時の手術開始から数時間経ち、この時点で12時ごろになっていたと思います。

部屋で休んでいるときは、割と起きている時間が長かった記憶があります。寝てる時間もあったような気がしますが、おそらく麻酔の影響もあって、あまり覚えていません。

途中、寒くなってきて、最初はなんとなく遠慮して我慢していましたが、我慢しても良いことないなと思って、ナースコールで看護師さんを呼びました。
エアコンを消して、もう1枚薄い布団をかけてもらいました。

その後、14時半くらいに先生が術後のチェックをしに来てくれました。
チェックは一瞬で終わり、看護師さんに抗生剤と痛み止めを渡され、今日はもうご飯食べられますよとか、すごく腫れたら連絡してくださいねとか、説明を受けました。

会計

チェックの後は、好きなタイミングで帰って良いとのことでした。
まだ少しふわふわしていたので、少し休んでから準備をします。

軽く顔を洗ってうがいをしようと思って鏡を見たら、ヨダレの跡みたいなのを発見しました。
うわ、え、これいつから?きっと数時間このままだったんだろうな。知りたくなかった、でも今気づいて良かった。
こういうのって指摘されても恥ずかしいけど、何も言われなくても恥ずかしいんだよな。

準備ができたら、会計をしてからホテルに戻ります。
3か月前に予約金として10万円を支払っているので、残りの金額を払います。

僕は現金で持って行きました。
一括で払おうとするとカードの限度額を超えちゃうし、銀行振込も面倒だったので。

お金って概念なので、大事なことにお金を使う時は、カードや振込よりも具現化されている状態のほうが払っている感があるというか、お金を使っていることを自覚できます。
ただ大金なので、その辺どうするかは自己責任でお願いします。

ホテルに戻る~就寝

ホテルでの過ごし方

病院から2分くらいの距離を、元気にスタスタ歩いてホテルに戻りました。
15時ごろにはもうホテルに着いていたと思います。
傷口の痛みは、この時点ではありませんでした。

病院では、今はバストバンドが強く巻かれていて苦しいと思うけど明日以降はもう少し緩くなるからね、と言われていました。
でも、僕はそんなに息苦しさは感じませんでした。普段着ていたナベシャツがきつすぎたのかもしれないし、それまで胸にあったものが無くなったから呼吸がしやすくなった、みたいなことが起こっているのかもしれません。

とても喉が渇いてたので、うがいや歯磨きをしてから、お茶を飲み、ご飯を食べました。
病院で休んでいる時はそうでもなかったですが、ホテルに戻った途端に空腹を感じます。前日に買っておいた食料をたくさん食べました。果たして翌日の朝食が足りるのか、心配になるレベルです。

でもまあ、朝から何も食べていないわけですし、食欲があるのは良いことです。
麻酔の影響による喉の痛み以外は体調も問題ないし、元気元気、と思いながらダラダラとテレビを見たり、持ってきた本を読んだりして過ごしました。

痛みについて

15時半くらいから、傷口がなんとなくピリピリしてきたかなと思ったり、いやそうでもないか、別に痛くないなと思ったりしていました。まだ強い痛みは感じません。

喉の痛みに関しては、一晩あれば良くなるよと言われていました。
17時半くらいには、違和感はあるものの、ほとんど痛みは無くなっていました。良かった良かった。

18時ごろ、傷口がちょっと痛くなってきたように感じます。もう少ししたら痛み止めを飲もうかなあ。

ただ、僕はこういうときに、どこまで痛みに耐えられるか試したいタイプです。
本当に痛くなるまで薬は飲まないぞとか思いながら、本を読んでいました。

結果、耐えられる程度の痛みだったので、痛み止めは飲まずに寝ました。
寝たのは22時半か23時ごろでした。健康的。

まとめ

今回は、胸オペが終わってから夜寝るまでの過ごし方について書きました。

ちなみに、ドレーンを入れる袋がめちゃくちゃ可愛かったんですよ。体外に排出された血液などが入る透明な袋が、別の可愛い袋の中に入っているんです。
翌日にはドレーンを取るわけですが、この袋使い捨てだったら貰えたりしないかなぁ、とか考えていました。

可愛い袋はどうなるのか、続きは次回。

※次回の記事はこちら↓

かずき

タイトルとURLをコピーしました