スポンサーリンク

LGBTQとは?

LGBTQ LGBTQ

今回は、LGBTQについて解説をします。

LGBTとかLGBTQとか、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?最近はメディアなどでも取り上げられるようになりました。

ほかにも、LGBTs、LGBTQ+、LGBTQIA など様々な言葉が使われています。

これまでLGBTQなどの言葉を聞いたことがなかった方、なんとなく文字列は目にしたことあるけど意味を知らない方、ふわっと知ってるけど難しくてよくわからないと感じている方、
様々な方にぜひ読んでいただきたいです。

セクシュアリティについて

LGBTQという言葉を説明するために、まずはセクシュアリティの概念を説明します。

セクシュアリティとは、簡単に言うと「性の在り方」のことです。人間の性に関わるすべてのことを指します。
生物学的性・性自認・性的指向・性表現などの要素を使って考えることができます。

詳しくはこちら↓

LGBTQについて

LGBTQの意味

LGBTQとは、セクシュアルマイノリティ(性的少数者)の総称として使われている言葉のうちの一つです。
LGBT、LGBTs、LGBTQ+、LGBTQIA なども、基本的には同じ意味で使われます。 

セクシュアルマイノリティとは、言葉の通り、セクシュアリティに関してマイノリティであるとされる人たちのことを指す言葉です。

セクシュアルマイノリティとは

セクシュアリティには人によって様々ですが、カテゴライズされて名前がついているセクシュアリティもあります。

「LGBTQ」は、いくつかのセクシュアリティの頭文字を取った言葉です。

また、シスジェンダーやヘテロセクシュアルというセクシュアリティがあります。

セクシュアルマジョリティとされるのは、「シスジェンダーかつヘテロセクシュアルの人」であり、
セクシュアルマイノリティとされるのは、「セクシュアルマジョリティに該当しない人すべて」です。

色々なセクシュアリティ

もちろん、これまで紹介したもの以外にもセクシュアリティはたくさんあります。

カテゴライズされて名前がついているものも多くありますが、それ以外にも様々なセクシュアリティがあります。
以下の表では、そのごく一部を紹介します。

「LGBTQは、L・G・B・T・Qの5つのセクシュアリティだけを指す言葉だ」と思っている人もいるようですが、それは誤解です。

LGBTQは、上記のような様々なセクシュアリティを含め、セクシュアルマイノリティ(「シスジェンダーかつヘテロセクシュアル」に該当しない人すべて)の総称として使う言葉です。

補足:SOGIについて

セクシュアリティに関して、「SOGI」という言葉があります。
sexual orientation & gender identity (性的指向)と性自認)の頭文字を取ったものです。

SOGIのほかにも、SOGIEやSOGIESCという言葉があります。

LGBTQが、セクシュアリティをカテゴライズしたうえで特定の属性の人たちを指すのに対し、SOGIはすべての人に直接関わる言葉です。
LGBTQという言葉の認知度は少しずつ上がってきましたが、SOGIも非常に重要な言葉なのです。

大企業は2020年6月、中小企業は2022年4月から施行の「パワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)」では、
パワーハラスメントの定義に「性的指向や性自認に関する侮蔑的言動」「性的指向や性自認などの個人情報の同意のない暴露」が含まれており、これらは「SOGIハラ」ともいわれます。

まとめ

「LGBTQ」「LGBT」「LGBTs」「LGBTQ+」「LGBTQIA」は、いずれもセクシュアルマイノリティ全体を包括する表現です。

最後に

個人的には「セクシュアルマジョリティ/マイノリティ」とか「LGBTQ」といったカテゴライズが必要なくなる社会になったらいいなと思っています。

カテゴライズしたときにセクシュアルマジョリティ(シスジェンダーでヘテロセクシュアル)に当てはまる人はたしかに多いですが、カテゴライズなんかせずに一人ひとりをみたとき、すべての人間が少しずつ違うはずなのです。

シスジェンダーやヘテロセクシュアルと定義される中にも多様性はあるのです。
そうなると、マジョリティもマイノリティもありません。

しかし、まだ今の社会では「LGBTQ」という言葉を使ってマイノリティとされる人々をカテゴライズし、可視化することは必要だと思います。そうしないと、存在しないものとされてしまうからです。

「LGBTQ」という概念が必要なくなり、カテゴライズありきではなく単なる一人の人間として、互いに尊重し合って暮らせる社会をみんなで作っていきたいですね。

かずき

タイトルとURLをコピーしました